投資結果

確定申告2020年

このページは約1分で読めます

データを元にして、自分の2020年を振り返りたいと思います。

年間収入

収入は合計887万円でした。主だったものは下記の通りです。

項目 金額
不動産投資・家賃収入 +6,053,040円
FX運用・オセアニアブラザーズ +1,596,139円
システムトレード販売 +342,370円
FX運用・異通貨3すくみ +122,765円
Eタイプ・サラリーマン +56,551円
TariTali・セルフバック +36,058円

額面だけだとやはり不動産投資が大きいですね。2位は安定のオセアニアブラザーズでした。

不動産投資はその分経費も多いので、利益だけを見るとオセアニアブラザーズに軍配が上がります。

 | GogoJungle

Eタイプ・サラリーマンというのは、本業の給料に含まれていない特許収入です。

TariTaliのセルフバックも、年間で見ると「塵も積もれば」で結構な額になりました。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

年間支出

支出は合計592万円でした。主だったものは下記の通りです。

項目 金額
不動産投資・利子 -2,065,087円
不動産投資・減価償却費 -1,953,528円
FX運用・マイナスになった手法 -615,872円
家事按分・地代家賃 -356,400円
不動産投資・固定資産税 -316,269円
家事按分・通信費 -207,240円
家事按分・電気代 -38,188円

如何にして経費を作るかが節税のポイントなのですが、やはり不動産の二大経費である利子と減価償却費は大きいですね。減価償却費に至っては、実際には支出してない魔法の経費ですからね😎

あとは個人事業主の家事按分で、住んでいるマンションの家賃・通信費・電気代の一部を経費化しています。

FX運用については海外FXでマイナスになってしまった手法が、総合課税の中で相殺されています。これは純粋に負けた支出です。

システムトレードは、お金を儲ける手法としては優秀なのですが、如何せん経費が作りずらいです😅

利益

年間収入が合計887万円、頑張って作った経費・支出が合計592万円だったので、利益は295万円です。

Eタイプ・サラリーマンの給料に加え、コロナ禍でこの額は嬉しいですね。しかも不動産は自分の資産になり、オセアニアブラザーズは複利で増えていく予定ですから。

そしてお待ちかね、申告納税額は・・・「55万円」でした🤣

サラリーマンとして源泉徴収されている所得税とは別に、これだけ払う訳ですね。経済を回している感が半端ない😭

今年から確定申告はオンラインでやらないと青色申告特別控除が65万円から55万円に減額されますので、注意しましょう。

ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター[USB接続] PaSoRi(パソリ) RC-S380[RCS380P]

価格:3,060円
(2020/8/25 08:46時点)
感想(68件)

-投資結果

© 2021 お金の仕組みで日本を守ろう