Global Cupの概要

このページは約4分で読めます

もう1つのロビンスカップ、Global Cupの概要について説明します。

World Cupとの違い

ロビンスカップ(The World Cup Trading Championships)には、30年以上の歴史を持つWorld Cup Championshipと、始まったばかりのGlobal Cup Trading Championshipがあります。

一般に「ロビンスカップ」と言うと歴史が長い前者を指すのだと思いますが、Global Cupも同じ団体が主催している立派なロビンスカップであり、しかもFX勢からすると少しハードルが高い大会です。

World CupとGlobal Cupはほとんどルールは同じですが、少しだけ違いがあります。

歴史の違い

World Cupが1984年に始まり2022年現在で第39回を迎えるのに対して、Global Cupは2019年に始まったばかりの大会で2022年現在で第4回となっています。

開催期間の違い

World Cupがカレンダーと同じは毎年1月1日から12月31日までの1年間開催するのに対して、Global Cupは毎年6月1日から5月31日までの1年間開催です。

事務局に問い合わせたところ、「内容はほぼ同じだが、これが一番の違いだ」と言われました😅

投資区分の違い

World CupはWorld Cup Championship of Forex Tradingと、World Cup Championship of Futures Tradingのように、投資対象によって2つの大会に別れています。

FXはFX同士、Futures(先物取引)はFutures同士で成績を競おうというものです。

これに対してGlobal CupはFXとFuturesで大会が分かれていません

従ってFX勢からすると、ボラティリティが高いFuturesと戦わなければいけないという、非常に厳しいルールを課されることになります。

こちらは記事執筆現在の最新情報で、2021年6月~2022年5月に開催されている、第3回大会の結果です。

Futuresはボラティリティが高いので、大きくプラスもいれば大きくマイナスもいるはずです。

ですが順位が出るのは常に上位5位までですので、大きくプラスになったFutures勢と競わなければいけないということになります。

ドイツのPatrick Nill氏は、FXのWorld Cupで上位の方ですが、唯一ランキングに食い込んでいるFX勢となります。

完了している2020年6月~2021年5月に開催された、第2回大会は、全てFutures勢だったようです。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

戦略

どのようなシステムトレードを使えば、入賞を狙えるか考えてみましょう。歴代の優勝者の利益率から目安を考えてみましょう。

項目 会期 成績
第1回大会 2019~2020年 +210.7%
第2回大会 2020~2021年 +247.6%
第3回大会 2021~2022年 +392.9%

まだ3年弱しか歴史が無いので、平均を出しても仕方ないですね。

ですがWorld CupのFX大会の平均値が+111%、中央値が+104%なのに対して、明らかに高いことが分かると思います。

このことから利益率200%くらいを安定して出すことができれば、入賞も見えてくるのではないでしょうか。

5,000ドルを1年間で15,000ドルにできれば、(15,000 - 5,000) ÷ 5,000 = 200%ですね。

各大会の戦略

無事アカウント開設が終わったので、色々と戦略を考えてエントリーしていきたいと思います😎

© 2022 お金の仕組みで日本を守ろう